「あいだに」と「ところに」と「うちに」の意味の違いと使い方

日本語をよく知っている日本人でさえも日本語が難しいと感じることが多く、当たり前の様に使っているけれども実はよく知らない言葉だったなんて事がよくあります。

 

その中でも比較的に多く使うけれども意味をハッキリと分かっていないという言葉ついて「あいだに」と「ところに」と「うちに」が挙げられます。

 

それぞれ重要な言葉ではありますが、意味を知っていないと役に立ちません。

 

そこで、「あいだに」と「ところに」と「うちに」の違いについて説明をします。

 

「あいだに」と「ところに」と「うちに」の違いとは?

 

どれも似ている言葉で、意味も対して変わらないのではないかと思っている人が多いのですが、「あいだに」と「ところに」と「うちに」の違いは一体どこにあるのでしょうか。

 

「あいだに」とは「~する間~」と「~する間に~」という両方の言い方が可能となっており、ハッキリとした文法は分かりませんが、相手に考慮する必要があります。

 

「あいだ」の意味は特に意味はなく、前後が限定された時間に動作なり出来事なりが生起したことを主張しています。

 

また、勝手な大人たちが言葉を難しくしたり、言葉を禁止するようなものも多く出回っています。

 

実際に被害者がとても多くいて、困っているのも事実です。

 

「ところに」とは場所を限定している意味で、遠くに行けば行くほど意味がなくなってしまいます。

 

「うちに」は限定とした意味になっており、なかなかその読み方について悩むことは言えなかったのだが、成長をするにつれてその意味を理解することができるようになったのです。

 

教科書によって違う!?

 

教科書に書いてあることは絶対に正しいものだと思ってしまっている人がとても多くいますが、実際には江戸や昔の言葉が正しいというわけではありません。

 

教科書にそう書いてあったとしても、実際には違っている可能性もありますし、ミスをしているということもあります。

 

教科書によっては偉人になっていたり、全く名前があがっていないという事もありました。

 

正しい言葉を使いましょう!

 

分かっていてもなかなか使い分けることができない、使う機会がないという人が多くいます。

 

実際に「あいだに」と「ところに」と「うちに」をなかなか使ったことがあるという人も少なく、多くの人の場合は間違った言葉を使ってしまっている傾向にあります。

 

正しい言葉で相手にしっかりと「あいだに」と「ところに」と「うちに」を伝えることが出来るように努力をすることが大切です。

 

使い分けをするのはとても難しいですが、意味さえ知っていれば特別難しいわけではないのです。

 

まとめ

 

知っているようで意外と知らないという人が多い「あいだに」と「ところに」と「うちに」ですが、違いや特徴についてしっかりと知っておけば、いざという時に使い分けることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました