お通じに良いのは…?カスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」の違い


近年、ヨーグルトブームとなっていて、ヨーグルトはダイエットにも良いという事で男性だけではなく、主婦の方にも爆発的に人気が出ています。

 

その中でも特に話題となっているのがカスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」です。

 

それぞれ同じ「カスピ海ヨーグルト」ですが、ヨーグルトと言っても同じなのではないかと疑問に思っている人も多いです。

 

そこで、「カスピ海ヨーグルト」の「グリコ」と「フジッコ」の違いや特徴について分かりやすく説明をします。

 

カスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」の違いは?

どれも人気のヨーグルトですが、カスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」の特徴と違いは一体何でしょうか。

 

カスピ海ヨーグルトの「グリコ」はグリコのカスピ海ヨーグルトは生乳が63%使用されており、それに乳製品が加えられ、乳成分が高められた濃厚なミルクによって発酵しています。

 

クレモリス菌乳酸菌CHCC2907株が含まれており、もともとはチーズを作るための乳酸菌でしたが、ヨーグルト用に使われています。

 

お通じを改善する作用があります。

 

カスピ海ヨーグルトの「フジッコ」は北海道産の生乳が100%使用されており、無脂乳固形分8% 乳脂肪分2.5%です。

 

クレモリスFC株が含まれており、整腸作用、食後の血糖値の上昇を抑制、中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増加させる、NK細胞活性化、アトピー性皮膚炎の炎症抑制があります。

 

それぞれの共通点は?

カスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」の違いや特徴について説明をしましたが、それぞれの共通点はどこにあるのでしょうか。

 

そこで、カスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」の特徴について説明をしますが、どちらも砂糖、香料を使用しておらず、クレモリス菌の作り出す菌体外多糖による「とろみ」「ネバネバ」が特徴となっています。

 

また、酸味がマイルドになっており、温度によっても風味の感じ方は変わってくるというのも楽しみの一つとなっています。

 

食べ比べをしてみましょう!

それぞれカスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」は味も食感も大きく異なります。

 

そのため、食べ比べをして自分に合っているヨーグルトを見つけることが大切です。

 

どちらも美味しく食べることが出来るのですが、人によってはカスピ海ヨーグルトの「グリコ」と「フジッコ」では好みが変わります。

 

フジッコ社のカスピ海ヨーグルトにするのか、グリコ社のカスピ海ヨーグルトにするのか、毎朝食べ比べてみて、違いを見つけてみるのも楽しさと言えます。

 

まとめ

カスピ海ヨーグルトはフジッコ社とグリコ社で作られているのは衝撃的です。

 

それぞれしっかりと特徴や違いがあるだけではなく、美味しく作られており、体をきれいにしてくれる成分も多く含まれています。

 

毎朝しっかりと食べて、健康維持をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました