お酒「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」の違い


居酒屋に行った際に必ず注文をするという人もいる「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」ですが、どれも美味しく飲むことができますよね。

 

それぞれいろいろな種類がありますが、違いはどこにあるのでしょうか。

 

そこで、「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」の違いについて詳しく説明をします。

 

「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」の違いとは?

一度は飲んだことはあるけれども、違いについて説明をすることができないという人も多い「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」ですが、一体どこが違うのでしょうか。

 

そこで、詳しく説明をしていきます。

 

「サワー」は英語でsourを表記をし、酸味のある、酸っぱいが語源となっています。

 

スピリッツをベースに、柑橘類などの酸味のある果汁と、砂糖など甘みのある成分を加えて作っていますが、カクテルの一種に、ソーダを加えた飲み物がサワーとなります。

 

「チューハイ」は厳密な区分や法律上の規定はないものの、単一の焼酎やウォッカなど無色で香りのないスピリッツをベースに、果汁などを加えて炭酸で割った飲み物となっています。

 

「カクテル」は単一の果汁を焼酎やウォッカなどで割ったものではなく、複数の果汁やリキュールを使用したもので、チューハイとは似ており、明確な違いはないです。

 

なぜ混乱してしまうの?

居酒屋によってはサワーとチューハイが混在してしまうという事がよくあり、居酒屋によってはサワーとチューハイが逆になっているという場合があります。

 

なぜ、サワーとチューハイは同じようなものなのにネーミングが分かれてしまうのでしょうか。

 

その理由は焼酎以外のスピリッツを使っていてもチューハイとして提供していたお店が少なくなかったことにあります。

 

現在においてはサワーとチューハイの定義があやふやな状態となっているのですが、どちらも同じものだと思っても問題はないようです。

 

また、チューハイとカクテルの違いが分からないという人もいますが、チューハイはレモンのみ、ウォツカのみといったようにスピリッツを合わせたシンプルなドリンクとなっているのに対して、カクテルはお酒とお酒を合わせたものとなっており、その分度数が強烈になっています。

 

お店によっては挑戦的な味がある!?

「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」はお店によってはいろいろな味があり、お店によっては「美味しいのか」と疑問に思ってしまいそうになる名前が存在します。

 

なぜ、このような「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」が誕生するのかというと、差別化を図る為にあります。

 

他のお店と同じ味のモノをおいても斬新さがなく、お客様が飽きてしまうということから、挑戦的な味を売ることによって、より多くの人に興味を持ってもらい、SNSなどで拡散をしてもらうという宣伝目的があるのです。

 

もちろん、実際に販売する際にはテストをしているため、安心して飲むことができます。

 

まとめ

同じものだと思っていた「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」ですが、実はそれぞれしっかりとした違いや特徴がありました。

 

それぞれ似ているものの、微妙な違いがあります。

 

知れば知るほど奥が深い「サワー」と「チューハイ」と「カクテル」と「ハイボール」ですが、ぜひお店に行った際に変わった味にも挑戦をしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました