特徴を活かそう!「グラニュー糖」と「三温糖」と「上白糖」と「砂糖」の違い


紅茶、コーヒー、お菓子作りなど食生活において欠かすことのできないのが砂糖です。

 

砂糖の種類は実に様々で、その中でも代表的なのが「グラニュー糖」と「三温糖」と「上白糖」と「砂糖」です。

 

どれも使ったことがあるという人もいますが、それぞれ何が違うのでしょうか。

 

そこで、特徴も含めて説明をします。

 

「グラニュー糖」と「三温糖」と「上白糖」の違いは?

砂糖を購入する際に「グラニュー糖」と「三温糖」と「上白糖」があり、それぞれ何が違うのかときになったことがあるという人が多いのですが、どこが違うのでしょうか。

 

そこで、一つ一つ詳しく説明をします。

 

「グラニュー糖」はショ糖の純度が最も高いものがグラニュー糖なのですが、クセのない甘さが特徴で、お菓子作りに向いています。

 

また、紅茶やコーヒーによく合います。

 

「三温糖」は茶色い砂糖で、甘味はとても濃厚となっていて、独特の風味があり、煮物や佃煮によく使われています。

 

「上白糖」は日本では砂糖といえばこの上白糖が一般的とされています。

 

上白糖はグラニュー糖に比べると純度が低いのですが、グラニュー糖と比べるとしっとりとした質感が特徴となっており、こちらも煮物などのお料理に適しています。

 

一番甘いのはどれ?

それぞれの特徴や違いについて説明をしましたが、「グラニュー糖」と「三温糖」と「上白糖」の中でも一番甘いのはどれなのでしょうか。

 

この中でも一番甘いのはやはり上白糖です。

 

そのため、日本でも代表的な砂糖として君臨していますが、カロリーにおいては「グラニュー糖」と「三温糖」と「上白糖」においてそれほど差はないのですが、甘いと感じるのはやはり上白糖が一番甘く感じる人が多いのです。

 

料理によって使い分けていきましょう!

砂糖を使う際にいちいち使い分けているという人はあまりいませんが、適した料理によって砂糖を使い分けることで、より料理を美味しくする事ができます。

 

「グラニュー糖」はおかし作りに適しており、上白糖を使って作った場合、サクッと軽い食感に仕上がる事ができます。

 

「三温糖」は上白糖やグラニュー糖と比べるとコクがある為、煮物や照り焼きなど、素材の甘みを生かしたいお料理に向いています。

 

「上白糖」はお菓子作りはもちろん、料理など幅広い用途に使う事ができ、焼き物に使った場合はグラニュー糖と比べると焼き色がつきやすくなります。

 

それぞれ特徴を活かして使い分けていくことが大切です。

 

まとめ

砂糖の種類はとても多くありますが、一つ一つ特徴や違いがあるため、適した料理によって使い分けるとより料理を美味しくすることができ、場合によってはさらにコクを引き出すことができます。

 

それぞれの違いを活かして料理を作っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました