違いを知って警戒しよう!「警報」と「注意報」の違い


雨の降ることの、多い時期に発生しやすい「警報」と「注意報」ですが、一言に「警報」と「注意報」のと言っても色々な意味があります。

 

そのため、一つ一つしっかりと理解をしておくことで対処をすることができるのですが、「警報」と「注意報」ではどこが違うのでしょうか。

 

そこで、「警報」と「注意報」の違いについて説明をします。

 

「警報」と「注意報」の違いとは?

どちらも似たような言葉で、実際に「警報」と「注意報」が来ても同じなのではないか、そんなに警戒をしなくても良いのではないかと思ってしまいますよね。

 

実際に「警報」と「注意報」の違いとはどこなのでしょうか。

 

「警報」とは、重大な災害がおこる恐れがあり、「注意報」に比べて、さらに深刻な被害や切迫した災害に、見舞われる危険が想定される場合に、その旨を警告するために、発表する予報が「警報」があります。

 

「注意報」とは、気象状況の変化で、災害発生のおそれがある場合、その旨、注意喚起を促すために、地方気象台が「注意報」を発表します。

 

比較的に「注意報」よりも「警報の方が危険の度合いも強く、確率も高い傾向にあります。

 

この災害が発生する、可能性の度合いによって、「警報」と「注意報」が別れますが、予想される被害規模の軽重や、災害のリスク、対応の要否や、緊急性、などで区別されています。

 

「警報」と「注意報」の種類はどれぐらい?

雨が降ったり、風が強い時に「警報」と「注意報」がよく流れますが、実際に「警報」と「注意報」の種類はどのぐらいあるのでしょうか。

 

そこで、「警報」と「注意報」の種類について説明をしますが、

 

「警報」は大雨、洪水、暴風、大雪、暴風雪、波浪、高潮

 

「注意報」は大雨、洪水、強風、大雪、風雪、波浪、高潮、なだれ、融雪、濃霧、乾燥、雷、低温、霜、着氷、着雪です。

 

対象となる現象や災害によって、多くの種類が分かれていて、「注意報」は16種類、「警報」には7種類あります。

 

しっかりと警戒をしておきましょう!

多くの人が「警報」と「注意報」を見たからといってすぐに警戒をしたり、行動をするわけではありません。

 

実際に「警報」と「注意報」を鵜呑みにしてしまったり、無視をしてしまう人も多く、その後実際に大きな災害に巻き込まれてしまってから文句を言う人が多いのです。

 

怪我をしてしまってからでは遅いので、「警報」と「注意報」を見たらまずは自分の地域に当てはまるのかどうかを確認し、何をしなければいけないのか、何に注意をしなければいけないのかの情報をしっかりとキャッチすることが大切です。

 

そして、慌てずに落ち着いて行動をしましょう。

 

まとめ

どちらも警戒をしなければいけない「警報」と「注意報」ですが、特に重要なのが最新のデータです。

 

常に「警報」と「注意報」は更新し続けているので、数分前に発表が来たからといってそれを信じてしまうのではなく、新しいものに目を向けて何をしなければいけないのかを考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました