知ってて当然!?「報告」と「連絡」の違いとは

社会人ならば、「報告」と「連絡」はとても重要な事であり、新人社員研修では必ずと言って良いほど、教えられます。

しっかりと「報告」と「連絡」をしなければいけないものの、忘れてしまう、隠してしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかし、最も大事な事はその意味をしっかりと理解をし、行動に移すことです。

そこで、「報告」と「連絡」の意味を再確認しておきましょう。

「報告」と「連絡」の違いとは?

どちらも似たような言葉だけれどもそれぞれきちんとした意味がある「報告」と「連絡」ですが、どちらとも意味を把握していますか。

「報告」は今現在、自分がどういう状態にあるのか、現在に至った経緯と結果をしっかりとまとめ、現在の状況を把握を伝えるというのが報告です。

「連絡」はその時折々で発生した事実を関係者に知らせることです。結果が起きる前に、どういった状態にあるのか、どうしていこうと考えているのかも含めて随時伝えるというのが連絡です。

どちらもとても重要な役割であり、そのどちらかが抜けてしまうと仕事が成り立たなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

「報告」と「連絡」をしなかったらどうなるのか?

社会人になっても「報告」と「連絡」が出来ていない人が多く、実際にミスをしてしまった際に隠そうとして、どちらも行わなかった場合、どうなってしまうのでしょうか。

そこで、「報告」と「連絡」をしなかった場合ですが、「報告」がなかった場合、依頼してた仕事がどうなったのか、納品したのかしていないのかの確認をすることができずに先に進むことができません。

その為重要なプロジェクトでさえも一時保留にしなければいけない事態に陥ってしまうこともあるのです。

次に、「連絡」をしなかった場合ですが、これからどうしたいと考えているのか、どう思っているのかを相手に伝えないまま進行してしまうと、ズレが生じてしまったり、失敗をしてしまうリスクもあります。

「報告」と「連絡」はしっかりと行い、ミスをした際も隠さずに伝えることが大切です。

「報告」と「連絡」ではどちらが大事?

物事を報告する際に、「報告」と「連絡」ではどちらを最優先するべきなのかと不安に感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。

実際に、「報告」と「連絡」ではどちらも似たような意味ではありますが、結果が異なります。

その為、どちらを最優先すべきなのか悩んでしまう人も多いのですが、実際に最優先すべきなのは「連絡」です。

連絡をしっかりと行っていれば、結果である報告に結びつくことができ、その過程も相手側も把握することができるので、まずは何気ない事でも連絡をすることが大切なのです。

まとめ

社会人にとってとても大事な「報告」と「連絡」を理解することができたのかと思います。

実際に「報告」と「連絡」がうまくいっていない人は出世することができないとも言われている程、とても重要なので、「報告」と「連絡」の重要性を理解して仕事を頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました